HOME>事務局|規約

事務局|規約

改訂昭和55年3月11日
改訂昭和58年4月17日
改訂平成26年4月01日
愛知県ラグビーフットボール協会

愛知県ラグビーフットボール協会規約

第1章 総則
第1条
本会は愛知県ラグビーフットボール協会と称する。
第2条
本会はアマチュアのみでラグビー競技を行う団体をもってその会員とする。
第3条
本会は愛知県におけるラグピー競技の健全なる普及,発達を図ることを目的とする。
第4条
本会は前条の目的を達するために次の事業を行う。
1.競技会の開催及び主管
2.競技会の指導及び斡旋
3.競技規則の解説及び普及徹底
4.レフリーの養成,指導及び派遣
5.競技施設,資料及び資材の配給,入手斡旋
6.ラグビーフットボールに関する調査,研究及び情報の蒐集
7.資料,記録の収録及び保存
8.競技者の保健,安全対策に関する事項
9. ラグビーフットボールの宣伝及び普及
10.市・町・村協会の事業についての指導,管理
11. その他協会の目的を達成するに必要な事項
第2章 役員
第5条
本会に次の役員を置く。
会長:1名
副会長:2名以内
理事:17名以内(但し,理事長,書記長,及び会計役各を含む)
会計監事:2名以内
但し役員の定数については、関西協会の承認を得て変更することができる。
第6条
理事17名及び会計監事は会員総会において選出する。
第7条
会長,副会長,名誉会長は会員総会で推薦する。
第8条
理事は、互選により理事長,書記長,及び会計を定める。
第9条
顧問,参与,副理事長,副書記長,及び事務局長は理事会で選任する。但し副理事長,副書記長,事務局長は理事を兼ねる。
第10条
役員任期満了の場合、その後任者が就任するまでは、前任者でその職務を行う。
第11条
理事に欠員を生じ理事長が補充を必要と認めたときは、理事会の推薦により会長の承認を得て選任する。その他の役員についても前述に準ずる。
第12条
会長は会務を統理し、本会を代表する。 会長に事故があったときは会長があらかじめ指名した順序により副会長が、副会長に事故があったときは理事長がその職務を代行する。
第13条
理事長は理事会を統率しこれを代表する。
第14条
書記長は理事会の決議に従い、協会の一般事務を掌る。
第15条
会計は本会の会計事務を掌る。
第16条
会計監事は会計を監査する。
第17条
理事は理事会を組織し、本会の会務の一切を企画,実行する。但し、重要な事項に関しては会員総会の決議を経なければならない。
第18条
役員の任期は次の通りとする。但し、補欠者の任期は前任者の残任期間とする。
会長、副会長:3年
名誉会長・顧問・参与:無任期
理事及びその他の役員:1年
役員はいずれも再任を防げない。
第19条
役員の資格については日本ラグビーフットボール協会規約に準ずる。
第3章 会議
第20条
会員総会は、会員の代表者で組織し本会の重要な会務の審議決定を行う。会員総会は会長が招集し議長となる。理事の3分の1以上もしくは会員の代表者の3分の1以上から理由を附して会員総会の招集の請求があったときには、会長はこれに応じなければならない。会員の代表者でない役員は会員総会に出席して意見を述べることができ、議決権を持つが、役員選出の投票権を持たない。
第21条
会員総会は会員の総数の過半数の出席(委任状出席を含む)がなければ議事を聞き決議することはできない。会員総会の議事は出席した会員の過半数で決議する。会員総会に出席できない会員は書面で出席会員に議決権の行使を委任することができる。
第22条
理事会は、少なくとも毎月1回開催するものとし、理事長が、少なくとも5日前までに開催日時を告知して招集する。
第23条
理事会は理事の過半数が出席しなければ議事を聞き決議を行うことができない。理事会の議事は出席理事の過半数で決定する。可否同数のときは会長が裁決する。
第4章 会員
第24条
会員は日本ラグビーフットボール協会の規約が定めるチーム種別に則り、チーム登録しなければならない。登録できるチームはラグビーフットボールを競技するアマチュアの団体であって、その団体の本拠が愛知県内にあるものに限る。
第25条
会員が登録するときは、下記の事項を本会に届け出て承認を得なければならない。これに変更があった場合も同様とする。
1.会員(チーム)の名称
2.会員(チーム)の所在地
3.部長,監督,主将,主務等チームスタッフの氏名
4.団体を構成する個人氏名(競技者個人登録)
5.本会より直接連絡を受ける場所(連絡先)
6.ユニフォームの色彩及び配合
7.その他本会の指定した事項
第26条
本会は会員を下記のカテゴリーに区分する。
1.第1部会員  社会人チーム
2.第2部会員  クラブ及び大学チーム
3.第3部会員  高等専門学校以下のチーム
第27条
会員で本会会員として遺憾な行為があったとき、または、その義務を怠ったときは、担当部会の決議により、理事会の承認を得て退会させることがある。
第28条
会員で退会しようとするものは、担当部会に届け出て、理事会の承認を得なければならない。 本会はこれを直ちに地域協会に報告しなければならない。
第5章 会計
第29条
会員が本会に入会するときは下記の入会金を納付しなければならない。
1.第1部会員  15,000円(社会人チーム)
2.第2部会員  10,000円(クラブ・大学チーム)
3.第3部会員   5,000円(高専・高校・中学校・スクール)
第30条
会員は規定会費として次の金額を,納入するものとする。
1.第1部会員  33,000円(社会人チーム)
2.第2部会員  25,000円(クラブ・大学チーム)
3.第3部会員  20,000円(高専・高校チーム) 10,000円(中学校・スクール)
但し、有料試合(トップ・トップウエスト)に参加をしている会員は63,000円
第31条
会員はチームを構成するメンバーに対し、日本ラグビーフットボール協会の定める競技者個人登録を行わなければならない。会費は、日本協会競技者個人登録料としてスクール・中学500円,高校生以上1,000円を納入する。また、チームの構成員は下記の区分に従って、関西ラグビーフットボール協会個人会費を納入しなければならない。
1部会員  3,000円(社会人チーム)
2部会員  2,000円(クラブ・大学チーム)
3部会員  1,000円(高専・高校・中学校・スクール)
第32条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第33条
理事会は、毎会計年度収支決算報告書に会計監事の監査報告書を添付して会員総会に提出し、その承認を得なければならない。
第34条
毎会計年度末において剰余金はすべて翌年度会計に繰り入れるものとする。
第6章 大会
第35条
大会はすべて本会が主催または主管することを原則とする。但し本会で承認を得たものはその限りではない。
第36条
本会の主催または主管する大会に参加する団体は、関東,関西,九州、ラグビーフットボール協会の何れかに加入しているチームでなければならない。
第37条
本会加入の団体は本会の承認しない大会に参加することはできない。
  • HOME
  • 試合結果トップ
  • クラブ・社会人
  • 大学・高専
  • 高等学校
  • 中学

ページの先頭へ戻る